LastpassからBitwardenに乗り換えました

Security Professional Hand Keep  - geralt / Pixabay ライフスタイル
geralt / Pixabay

今までパスワードマネージャー(パスワード管理アプリ)にLastpass(ラストパス)を使用していましたが、先日メールで通知があり、2021/3/16から無料プランではマルチデバイス対応がなくなるとのこと。

lastpass_notification
lastpass_notification

つまりパソコンとスマートフォンの両方で使っていた場合、パソコンかスマートフォンどちらかでしか使えなくなります。

家のパソコンと外のパソコンで同期することはできるけど、スマホからログインしようと思ってもできない。これは私にとってはかなり不便なので、移行できるサービスを探しました。

パスワード管理ツールとして恐らく最もメジャーで信頼性が高いのは1Password。しかし有料です。それならLastpassの有料版にした方が移行の手間がない。

無料のものはないのかと思って探すとありました。

Bitwarden(ビットウォーデン)

Bitwarden Open Source Password Manager | Bitwarden
Bitwarden is an integrated open source password management solution for individuals, teams, and business organizations

オープンソースのパスワードマネージャーです。dockerイメージが配布されているので自分でサーバーをたてることも可能ですが、Webサービスを利用させてもらいます。

bitwarden_pricing
bitwarden_pricing

基本機能は無料で利用できます。

bitwarden_download
bitwarden_download

主要なブラウザー拡張とスマートフォンアプリはもちろん、PC用のアプリやコマンドラインまで利用できる充実ぶり。

早速Chrome拡張とiPhoneアプリをダウンロードして試してみたところ、かなり使い勝手が良いです。

パスワード管理をする際に必要なID・パスワードの追加・更新は自動で検知してくれ、自動入力もしてくれます(Chrome拡張は最初OFFになっていたので設定変更が必要でした)。

また何気に一番気に入っていたLastpassのパスワードジェネレーターも、やはりBitwardenにも標準装備されていました。

これまでのパスワードについては、Lastpassでcsvにエクスポートし、Bitwardenでそれをインポートできます。5分もかからず移行は完了しました。

まとめ

信頼性という面では正直信じるしか無いのですが、それはLastpassも同じなのであまり変わりません。

使い勝手の面では今のところ変わらず。見た目や細かな動作はBitwardenの方が綺麗な印象(自動入力すると、入力フィールドがブルブル震えるのが気に入っています)。

自分でホスティングしてしまうのが一番セキュリティとしては安心ですが、Webサービスとして利用しても中身は暗号化されていて、内部の人はマスターパスワードも見れません。

その辺りを細かく解説されている記事がありました。

ベストなパスワードマネージャーはこれ!数十種類から厳選してみた
ネットで個人情報が盗まれたら大変!保護の基本は2段階認証とパスワード管理ソフトというわけで、今回はガジェット徹底比較でおすすめをバシッと言い切る信頼の米国メディア「Wirecutter(from The New York Times)」 が数十種類を審査、4つをテストして、機能と互換性、堅牢性、使いやすさの観点から選ん...

有料プランにするとどうなるかというと、パスワード漏洩や不正ログインなどがあった場合の通知などが受けられ、パスワード強度が弱い場合に警告してくれたりするそうです。よりセキュアな環境が必要な場合は有料プランも検討した方が良いようです。

とにかく現状では、LastpassからBitwardenへの乗り換えは成功でした。

これからもマルチデバイスで無料で使えるパスワードマネージャーをお探しの方は、一度試してみると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました